ごあいさつ


代表取締役社長:遠藤純民

昭和6年に創業者の竹馬治郎が、東京都新宿区高田馬場で中央軒を創業し、あられ・せんべいの製造・販売を開始いたしました。以来80年以上もの長い社歴の中には、不幸にも東京大空襲での工場消失、大阪淀川区での再出発等々苦難の時代を乗り越えてきました。また、1995年の阪神淡路大震災、2011年3月の東日本大震災においては、これまで当たり前であったことの有難さ、大切さを、あらためて認識いたしました。今日に至るまで商品を創り続けることができましたのも、ひとえに全国のお客様のご支援とご愛顧によるものと、心から御礼申し上げます。

お客様に安心して食べていただける、安全で美味しいお菓子を提供することこそわが社の使命と考えてまいりました。一粒一粒のお米と真摯に向き合う「一粒主義」のもと、お客様に満足していただき、幼い頃を思い出すような、ほっと和める商品創りに日々取り組んでおります。

今後も豊かな四季をもつ日本の味わいを大切にしながら、新しい発想で、今までになかったおいしさ、食文化を追求し、皆様に喜んでいただける会社を目指し、全社一丸となって努力いたします。
今後ともより一層のご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長
遠藤純民