よくある質問・Q&A

知っておくとためになる知識や、お客様から多くよせられるご質問について、Q&A形式でまとめました。どうぞお楽しみください!
また、このコーナーで取り上げてほしい話題やご質問について、お問い合わせページで受け付けております。 どんどんお寄せください!

「ぼんち」の社名の由来をおしえてください
昭和35年春、創業者竹馬は当時大阪では珍しい揚げせんべいを発売し、さらに改良を重ね関西風の、飽きのこない味付けに成功し、やっと市場に定着した。新しいネーミングを考え一層の拡売に進もう。昭和38年ごろ、大阪の生んだ作家、山崎豊子の『大阪もの』、第三作『ぼんち』のあとがきの中に【根性がすわり、地に足がついたスケールの大きな『ぼんぼん』例え放蕩を重ねても、ぴしりと帳尻のあった遊び方をする男が『ぼんち』である。】とあるのを読んだ創業者竹馬はひらめいた。大阪で生まれた揚げせんべいである、「ぼんち揚」と命名しよう。こうしてぼんち揚という商品がうまれ、昭和44年の東京への進出にあわせ、社名を当時からトップ商品であった「ぼんち揚」からとり現在のぼんち株式会社となりました。
あられ、おせんべいは何から作るの?
お米からです。あられは、《もち米》、おせんべいは、《うるち米》を主原料としています。あられ、おせんべいを総称して、《米菓》といいます。
また、もち米を原料に焼いたものを《あられ、おかき》、揚げたものを《揚げあられ》、うるち米を原料に焼いたものを《おせんべい・塩せんべい》、揚げたものを《揚げせんべい》といいます。
詳しくはぼんちの米菓づくりをご覧ください。
米菓はなぜふくれるの?
わかりやすく説明するために、お正月にお餅を焼いているところを思い浮かべてください。お餅を網の上で焼いているとしばらくしてから膨らんでいきます。これは、お餅のなかに含まれる水分が蒸発し膨張するために起こります。米菓もお米から創った生地を焼いたり揚げたりして創りますが、このとき生地の中の水分が蒸発しふくれるのです。これを生地の膨化現象と呼んでいます。
あられ、おせんべいは体にいいの?
あられ・おせんべいは、栄養豊かで健康を保つ上に大切な要素をたくさん含んだ食品です。また、あられ・おせんべいは、着色料や防腐剤などの合成添加物をほとんど使っていません。ちなみに、欧米では、あられ・おせんべいを自然食品コーナーで販売している例もあります。
あられ・おせんべいは老化を防止する効果があると聞きました
固いあられ・おせんべいを噛むことは、体のために大変よい働きをします。まず、噛むことにより多量に分泌される唾液は体によい働きをし、ガンに対して有効であるとも言われています。また、あごを活発に動かし筋肉を働かせると頭の生理作用が活性化し老化防止に役立ちます。
あられ・おせんべいは保存食になりますか?
あられ、おせんべいは、水分が少ない食品のため、保存状態がよければ何年でも保存でき、非常食として利用できます。京都の今邑家には160年前のあられの生地が保存されています。
あられ・おせんべいは太るのでしょうか?
肥満の原因は、主に糖分や油脂のとりすぎと運動不足です。日本人は、欧米人に比べ太っていなく、長寿とされています。最近では、お米でダイエットしたり、欧米では、ヘルシーフードして見直されています。
ぼんちのCMに出演した歴代タレントさんは誰ですか?
『ぼんち』は吉本興業のタレントと一緒に成長してきました。タレントの方が有名になりすぎましたが!? 平 参平から始まり、はんじ けんじ、やすし きよし、木の実ナナ、明石家さんまです。
『綱揚あられ』のはじまりは?
戦後の原料のお米が手に入りにくい当時、『でん粉あられ』と称したメリケン粉をアルファー化し、あられに似た商品が発売されました。カルビー『かっぱえびせん』の類の商品です。弊社は、でん粉あられの生地を細長く短冊形に創り、斜めに筋をつけ、油で揚げ塩をつけた商品が、現在も発売している『綱揚あられ』です。
『ポンスケ』のはじまりは?
戦後、お砂糖にお醤油を加えた甘辛味のキャンディーがよく売れていました。 それをヒントにして『綱揚げ』に甘味砂糖をかけた商品を創り、「栄養、要素」という意味で『エレメント』と名付けて発売しました。これが現在の『ポンスケ』です。
(写真は昭和50年代はじめの『ポンスケ』のパッケージです→)