ぼんちのおなじみロングセラー「味かるた」
「味かるた」はこうして創られました! (続き)

まず、味の決め手になる甘味料の選定。はじめは砂糖で甘味をつけた試作品を作りましたが、どうも味が単調になり、豊かな甘みが出せません…。どうすれば芳醇な甘味を出すことができるのか?

あらゆる蜂蜜で試作が行われました 試行錯誤のすえ、ぼんちは「蜂蜜」に注目し、全国の蜂蜜メーカーから蜂蜜のサンプルを取り寄せました。レンゲ、アカシア、クローバー、雑密など、ありとあらゆる蜂蜜を使って、何度も何度も試作を繰り返した結果、アカシアは甘みが上品なうえ、下味をこわさずまろやかにしてくれることがわかり、この大判おせんべいの味付けは「あかしあ蜂蜜」で決定しました。

続いての難題が、大判の揚げせんべいをいかに「平ら」にするか。

普通の機械を使って揚げると、すぐに生地にそり(曲がり)が生じてしまい、食べやすい平らなおせんべいになりません。だからいって、1枚1枚手で揚げていては、お客様にお求めやすい価格で提供することができません…。そこでぼんちは、揚げの工程に専用の機械(フライヤー)を導入し、生地を平らにしたまま揚げることに成功しました。

この生地を揚げる製法は秘密です! このフライヤーについては企業秘密なので、残念ながら詳しくお伝えすることはできません!

さらに取り組んだのが、鮮度を保持させること。

揚げせんべいは、油が酸化して風味がすぐに損なわれるのが弱点ですが、ぼんちはおいしさはそのままに、油脂の選定、管理、フライヤーの改造、包装資材の改善まで、細部にノウハウを生かすことで、揚げたての風味を長持ちさせることに成功しました。

最後に、この大判揚げせんべいのネーミング。

古(いにしえ)の貴族が興じていた「かるた遊び」。そんな貴族の高貴なイメージを商品の形状と重ね合わせ、「味」の「かるた」=「味かるた」とネーミングしました。

1987年発売当時の「味かるた」 こうして、はじめてぼんちの「味かるた」は発売されました。

これからもぼんちはおいしい商品をお届けしてまいります!




↑ページトップへ戻る[9]
ぼんちのおなじみロングセラー「味かるた」トップページ
「味かるた」商品ラインナップ



★メニュー
トップページ[0]
☆商品紹介
新商品のご紹介
「ぼんち揚」のご紹介
「ぼんち揚」の「ぼんち」って何?
ロングセラー「味かるた」今年で30周年



プライバシーポリシー
ご利用について



(c) ぼんち株式会社