ぼんちからのお知らせ

2011年12月27日

弊社製品の放射能物質の検査体制について

 弊社では、東日本大震災による福島の原発事故以来、弊社製品に使用する原材料の仕入れにおいては、原料取引様にて放射性物質の外部検査を委託して戴き、安全性の確認が出来たもののみを入荷、使用する体制で生産活動を実施して参りました。

 特に、主原料となるお米に関しては、政府による放射能検査に加えて、上記の検査を実施して戴き、使用する状況でした。

 しかしながら、この度の福島県による調査での基準値を超える放射能の検出の事例を受け、従来の体制では確実な安全性の確保には不十分ではないかと判断し、放射能物質の自主検査を実施する事に致しました。

 現在は弊社3工場(兵庫県神戸市・埼玉県越谷市・山形県寒河江市)において、原料米、使用水、最終製品に関しまして、自主検査を実施しております。

 実施基準は厚生労働省にて纏められた新基準にのっとり、日々検査を行っております。

 現在のところ、使用している原材料及び最終製品において基準値を超える放射性物質の検出実績はございません。

 弊社では、弊社商品の安全性の確認を日々実施し、お客様に安心して食べて戴ける製品作りに、今後も鋭意注力をして参ります。